聖地。継承式。

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”ohno.jpg” name=”大野”] ナベー。とんちゃん行ったことあんの?[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”nabe.jpg” name=”ナベ”] いやぁー….数年前に一度、、池袋だったかな?…[/speech_bubble]

 

 

ほほう

 

 

image

とゆわけで、やってきました、聖地とんちゃん。サムギョプサル界のサンクチュアリ。

 

image

アニョハセヨ〜っと

 

image

参戦するは、専属アシスタント、山の神ナベくん。

気合い入ってんなおいww

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”nabe.jpg” name=”ナベ”] ミチさん、今日ご一緒してるのが、デブだという事をお忘れなく![/speech_bubble]

 

お、おう。。

 

 

そういえば、この時も肉だったねー

 

スポンサーリンク

任期満了 お疲れ様会。

 

image

乾杯。

なぜとんちゃんか。それは、とんちゃんでなければならない訳があるんです。他の店では得ることのできない価値と魅力がある。それはお金じゃ買えないもの。

 

 

image

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”nabe.jpg” name=”ナベ”] これなんすか?…美味いっすね![/speech_bubble]

いや、アンタ、それ巻いて食べる薬味だよw

 

image

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”nabe.jpg” name=”ナベ”] このタレと葉っぱは…[/speech_bubble]

image

食べちゃったよこの人wwサムギョプサルのお作法は存じません系男子ですね。

 

 

image

あぁーいい頃合いですね。

 

とんちゃんのお作法。ベーシック編。

 

image

① 左手にサンチュを取る。

 

image

② 豚肉をゴマ油に浸す。

 

image

③ 肉の上に乗せます。

 

image

④ アンタがフライングしたネギを、乗せます。

 

image

⑤ 焼けたキムチを乗せます。

 

image

⑥ 味噌ダレをつけます。

 

image

⑦ 一口でパクッと。 Pointは一口いく所です。

 

image

うん、美味いのね。なにも言わなくても伝わるよ。いい顔してるぞ。

 

 

image

あ、チヂミもどーぞ。

 

 

すかさず2つ目を、、、

 

image

ってちょっと待ったぁあーーー!!!

 

 

 

image

 

禁断の!肉ダブル!!!

2つ目からいっちゃったよこの子!!一枚ずつ味わって食べるもんだろーがよ!どーしてイキナリ肉2枚なんだよ!誰が教えたよそんな事!今ベーシック教えたばっかりじゃん!なんだよもう!!!

と、心の中で思いながら、いいネタが撮れました。

 

 

サムギョプサル8人前+焼き飯×2+チヂミ。

 

imageimage

まじかよ!!食い過ぎだよ!!!!

普通に良い焼肉行けたじゃんwww

 

僕も久々に気合い入れて食べました。こんだけ食べたのはアシスタントの時ぶりですね。

image image

 

スポンサーリンク

そう、アシスタントの時ぶり。

 

今日、数あるご飯処の中でとんちゃんを選んだ最大の理由がここにあります。


ここには、俺のアシスタント時代の魂が置いてある事。

地獄のようなアシスタント生活の中のオアシスだった事。

先輩アシスタントに連れてきてもらって、そして僕も後輩アシスタントをたくさんたくさん連れてきた事。そう、伝統という名がここにはあります。

 

たしかに高級店でもない、東京カレンダーに載ってるようなササるレストランでもない。それでもとんちゃんがよかった訳は、

僕は先輩アシスタントにしてもらって、英気を養えた。強制はしないけれど、彼にもできる事ならそうして後輩アシスタントを元気づけてあげてほしい。そんな脈々と受け継がれた美容師アシスタントの皆の魂が、このこじんまりとしたお店に眠っているんですね。

 

バカみたいに食べまくって、呑んで、深夜の渋谷に消えていく。。カラオケ良し、ボーリング良し、クラブ良し。そうやって、アシスタント時代を乗り切るパワーとチームワークを身につけてほしいな。

昨夜は少し語ってしまいましたが、食いしん坊の彼はきっとリピートしてくれるでしょう。今後の美容師としての成長に、期待。半年間お疲れ様〜

 

image