感謝の気持ち。

スポンサーリンク

いつもお世話になってるコチラ。

 

image
image

夕暮れ時は気持ちが良いですね。SAKURAから至近の距離にある、焼肉KINTAN。ちょっとした食事の時はよく利用させて頂いてます。ほんと助かる。

 

今宵は個室で。この方々と。

 

image

待ち合わせは先に行って、待つ姿勢でございます。

 

image

江崎夫妻。8月いっぱいで我がサロンを離れ、息子の為にも、地元名古屋へ。奥様は、前職のサロンの後輩でもあり、お互いを知ってる仲でございます。

 

 

 

本日のスペシャルゲスト的な。

 

image

image

江崎雄飛(ゆうひ) くん。

 

image

この!!お腹!!!ぷにぷにかよ!!!!

 

image

ご機嫌からの、、

image

真顔。

 

image

そして寝た。

 

image

僕の顔でもしっかり遊んで頂きました。

 

 

別れは後ろ向きじゃなく。むしろ感謝。

 

たしかにスタッフが辞めることは悲しいし、色々大変なことも増えます。けど、マジかよ、辞めんのかよ、ふざけんな裏切り者ー!みたいな、日本の会社によくあるあの風潮、あれほんとによくないと思う。

本人はもちろん、残るスタッフも、誰も良い思いしない。スッキリするのは、それ言ってる人だけ。本人だって最初から辞めようと思って入社してない訳で、夢を見せられなかった会社にも責任はあるし、いろいろな変わりゆく諸事情だってある。平家物語の冒頭にもある、諸行無常とは正にこういう事なんだな、と。世界は常に変化していて、それは身の回りの事象も同じで、常にその変化に対応・順応していかないといけないですもんね。

もちろん、ずっと一緒にやって行きたいけど、創業から全社員が1人も辞めない会社なんて存在しないワケですし。

 

 

スポンサーリンク

辞めるからこそ、『今まで、働いてくれてありがとう。』じゃね?

 

度合いは人によれど、社員というものは、会社の色んな部分に関わって、貢献してくれてる人なのです。『その人』がいたから成し得た事が必ずある今回だって、江崎がいなかったら今のSAKURAにはなってないワケです。だからこそ、ハイサヨナラって冷たいんじゃなくて、しっかり労をねぎらって、感謝の想いを伝えたいそんな会社にしたいんです。(もちろん退職者は最小にする前提で)

 

 

今日はそんな2人と小さな怪物くんへの餞別。食事中の2人の笑顔がなによりでした。東京来た際は、また行きましょう。

 

image