【ボブ】数十年かけ続けたけど。。やめたくて脱縮毛矯正を目指していた方が出した答え





 

 

 

 

【ショートヘアで、

貴女の人生を変える】

表参道で、髪のクセや骨格の悩みを解消し、

ショートヘアで新しい貴女に。

ショート ボブ 専門美容師 (割とバキバキbody)

大野道寛です!

 

どこの美容室に行っても切るのを止められた方、

ショート ボブにトラウマのある方や

人生初のショートに勇気が出ない方

直毛が悩みの方

くせ毛でショート ボブを諦めている方

を専門でお受けしております。

ご予約はこちら

 

↓お前誰?という方、まずはコチラ↓

 

↓ショート ボブ専用 内巻き縮毛矯正とは↓

 

 

こんにちは。
表参道でショート ボブ専門で美容師です。

得意技はショート ボブのカットと、内巻き縮毛矯正です。

 

 

数十年かけ続けた縮毛矯正をやめる?!

 

本日のゲストは、脱縮毛矯正を目指していたゲスト様。

思春期の頃から、かれこれ数十年、縮毛矯正を続けてきたそうです。

 

『やめたいけど、やめられない』

『やめたらどうなるのか、、』

『やめたら大変なのかな、、』

 

そんなお悩みをお持ちの方多いのではないでしょうか

 

今回は、そんな想いから約1年、脱縮毛矯正を目指してこられました。

 

はじめのうちは順調そうだったものの、半年を過ぎた辺りから雲行きがあやしいと感じ始め、約1年経ったところで、断念。

ついに、縮毛矯正をかける決心をされた。

 

ズバリ理由は

 

・朝アイロン→スタイリング剤使用するも、午後にはウネウネする。

・縮毛矯正特有の、癖毛 × 矯正部分の境目

・アイロンも全体にしっかりかけないと、膨らんでしまう


 

縮毛矯正をかけたい方が口を揃えて仰る内容ばかりですね。

 

脱縮毛矯正の、くせを活かしたショートヘアは、かなり短くなるスタイルが多いので、そちらも懸念されていたことから、やはり矯正をしよう!と決意されたそうです。

 

 

 

 

before(カット後)

 

鎖骨くらいまであった髪ですが、切りたい!とのことで、ご希望ギリギリの長さまで、カットさせて頂きました。

 

 

 

このくらいの長さになると、毛先以外はほぼご自身のくせになります。

もしくせを活かすカットにするなら、全て切らないといけないので、かなり短くなるのがお分かりいただけるかと。

そして、くせがここまで伸びている状態は、ゲスト様も初めてご覧になってようで、とても驚かれてました。

 

そして、【髪質を活かしたショートヘア】を目指す気持ちも、なくなったそう。

 

やはり、ツルンっ としている髪の毛がお好きだそうです(ほとんどの方がそうですよね)

 

 

 

それでは、レッツ内巻き縮毛矯正〜♪

 

 

 

仕上がり Don !!

 

ほい!

 

ほい!!

 

ほーーーい!!

 

いい感じにかかりましたね ^ ^

新生部はまったく問題なく伸びて収まり、ツヤツヤに。

 

もちろん、手で乾かして、オイルをつけただけ!

 

毛先の以前の矯正が残っていたところと、毎日のアイロンダメージが重なっていたところは、もう少し回数を重ねて、キレイにしていかなければ、、という感じです。

 

縮毛矯正は、髪が治ったりする施術ではなく、あくまで【くせを伸ばす為の施術】

その辺は、後半で解説します。

 

 

 

脱縮毛矯正を目指して伸ばしてきたけど

 

縮毛矯正をかけ続けている方が、一度は想像する

 

『縮毛矯正やめたらどうなるんだろ?』

 

もちろん、僕のお客様で脱縮毛矯正を完遂して、くせ毛ショートを楽しんでいる方も多いですし、やっぱり矯正の方がいい!と今回のようにやっぱりかける方も。

 

どちらが間違っていて、

 

どちらが正解って事はなく

どっちも正解。

ただ、

どちらの方が、好みに合って

ライフスタイルに合ってて、

ゲスト様が気持ち良く過ごせるか。

 

それだけ。

 

脱縮毛矯正したはいいけど、チリチリやうねりが嫌で、毎日アイロンかけるくらいなら、120%縮毛矯正した方がいいと僕は思う。

逆に、くせを活かして、くしゃくしゃっとしたショートヘア(ボブではなく)が楽しめるなら、縮毛矯正っていらないんですよね。

 

 

 

今回は、脱縮毛矯正の過程がちょっとキツくなってきたのと、事前にお話はしていたけど、いざとなるとショートはちょっと、、という想いが芽生えてきたそう。

 

そして、、

 

 

自分の髪を知るキッカケに

 

 

数十年も縮毛矯正をかけ続けていたので、ご自身の髪質が10センチ以上伸びるとどうなるか、分からなかったそう。

ずっと髪も長かったし。

 

もちろん、カットでくせを活かす事もできるし、もっとくせの強い方はたくさんいるけど、ご本人の想像よりは、強かったようで。

 

んでも、これって感覚や昔の記憶との乖離なので、伸ばしてみなきゃ分かんないですからね。

 

幸い、僕はくせ毛カットも、内巻き縮毛矯正も、どちらもできるからお任せ頂けてた感じのようです。

 

 

 

どちらがきれいで、どちらが傷んでる?

 

 

はい。

 

キレイなのは、、 右(縮毛矯正ヘア)ですよね。

艶もあるし、面が揃ってるし、まとまってみえる。

 

でも、傷んでる(負担がかかった)のは、、

 

これも右(縮毛矯正ヘア)なんですよね 笑

 

そりゃそうです。縮毛矯正分のダメージが髪に乗っかってるわけですから。

 

還元 という、髪の毛の内部で結合を切る反応をさせて、高温のアイロンを細かく細かく通していくので、その分髪は傷みます。

 

もちろん、見た目も手触りも、『傷んだ』って思わない程度のダメージですよ^ ^

 

こちらのゲスト様もそうでしたね。

 

こちらの方は、くせを活かしたロングで、パーマをしたけど、、、とご来店くださったご新規様でした。

 

髪に負荷をかけてでも、縮毛矯正をかけたい方が後を絶えないのは、収まるし、髪がキレイに見えるから。

 

そう。

 

 

縮毛矯正は髪をきれいに見せる技術(=くせや傷みは治らない)

 

んですよね。

 

 

 

縮毛矯正をかける



くせが伸びる



くせが伸びるから、髪がストレートに揃って、艶が出る、面がキレイになる、サラサラする。

 

髪の艶 というものは、要は光の反射です。

科学知識は中学レベル(下手したら小学校の理科w) な大野ですが、

 

こんな感じ。光が一定方向に反射するから、艶が出て見える。(間違ってたら教えてください〜)

 

だから、縮毛矯正をかけて、くせが真っ直ぐになって、面が整うと、艶は必然的に出るんです。(キューティクルが荒れない施術が前提)

 

もちろん、他にも髪の艶の出し方なんて、方法は死ぬほどあるんですが、超大雑把な解説として。

 

だから、縮毛矯正は決して髪が治ってるわけじゃなくて、キレイに見えてる だけで、言い換えれば、キレイに見せる為に髪の形状を力技で変化させてるって事。

 

 

 

もちろんデメリットもある

 

もちろんデメリットもある

 

それは

 

・定期的にかけ続けること。(新しく伸びてくるので)

・施術が長時間(3〜4h)

・料金も高め(¥20000〜)

・基本的にはパーマはかけられなくなる

・ハイトーンカラーも難しくなる

従来のデメリットだった、傷む シャキーンとなる  はかなり解消されてますので、もはやデメリットにはなりません。

 

縮毛矯正って、デメリットがないわけではないけど、【髪のくせ毛】という人生に於いて、かなりのコンプレックスや悩みとして立ちはだかる部分を、【快適】に変えられるのであれば、検討の余地ありですよね。

 

 

 

 

貴女の好きな髪を選べる時代

 

 

今回のゲスト様は、

『自分の地毛では無理だということがよく判った。だし、縮毛矯正がかかってる方が好き』

 

という答えを、ご自身で出されていました。とてもステキな事だと思います。

 

いくら美容師に、『くせ活かした方がいいですよ〜』とか『矯正かけたら楽ですよ〜』って言われても、やっぱりご自身で体感しないと、分からないし、納得できないですよね。

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

以外と難しい、脱縮毛矯正。

 

・縮毛矯正をやめたほうが楽なのか、かけてる方が楽なのか。

・縮毛矯正をしていない自分が好きか、縮毛矯正している自分が好きか。

 

どっちも正解。

 

信頼できる技術と知識のある美容師さんと、よく相談してみてくださいね^ ^

 

僕でよければ、お気軽に下記位LINEから^ ^

 

【内巻き縮毛矯正の口コミ】

 

 

大野道寛の口コミ

 

 

 

【内巻き縮毛矯正 記事】

 

【前髪編】

基本的な事や、こだわりは、上記記事に網羅してあります。

※ ただし、あくまで縮毛矯正なので、髪質やダメージによって、変わります。過度なダメージや矯正がされていたり、ブリーチ毛やハイライトが入っている方は、内巻き矯正そのものができない場合もございます。

 

 

 

 

 

Lily公式ストア

 

google検索で第3位に…ぜひご一読ください。

↓この辺、人気の記事デス よかったらぜひ↓