直毛で量が多いのが悩み。19歳の人生初ショート。




 

 

【ショートヘアで、

貴女の人生を変える】

表参道で、髪のクセや骨格の悩みを解消し、

ショートヘアで新しい貴女に。

ショート ボブ 専門美容師 (割とバキバキbody)

大野道寛です!

 

どこの美容室に行っても切るのを止められた方、

ショート ボブにトラウマのある方や

人生初のショートに勇気が出ない方

直毛が悩みの方

くせ毛でショート ボブを諦めている方

を専門でお受けしております。

ご予約はこちら

 

↓お前誰?という方、まずはコチラ↓

 

↓ショート ボブ専用 内巻き縮毛矯正とは↓

 

↓ショート ボブ×内巻き縮毛矯正特化サイト↓

 

 


【インタビュー 掲載】

 

成功する美容室と美容師について。

偉そうに語っております↓

https://relax-job.com/more/79438

 



美容師版、好きなコトで生きていく。

黒髪(激レア)好青年大野です 笑↓

https://relax-job.com/more/79448

 

こんにちは。
表参道でショート ボブ専門で美容師をしている銀色です。

 

 


ショートヘアってかわいいですよね。
ショートにしたい…でも私は髪の毛が多いし、くせ毛だし、広がるかもしれないし、手入れが大変かもしれないし、顔が大きく見えるかもしれないし、似合わないかもしれないし…


そんなお悩みをお持ちの方、多いですよね。
当ブログは、そんな悩めるショート(にしたい女子)の救いになる事を目指したメディアです。

どうか、お悩み解決の参考になりますように。

 

 

 

量が多くて直毛。19年間で初めてのショートに。

 

 

大人になってからの、人生初ショート。

 

経験のある方も多いかと思います。子供の頃からショートカットだった方はそんなに気にならないかもですが、大人になってから人生で初めてのショートヘアにすると言う事はとても勇気のいること。

 

特に髪質や骨格に悩みがある方にとって、そして日々の生活の中で自分の髪の毛に懸念のある方はなおさらですよね。

 

 

『私の髪の毛、ショートカットにしたらどうなるんだろう… 』

 

今日は、ほぼ直毛でとても量が多くどこの美容室に行ってもショートヘアを止められた19歳のお客様です。

 

 

 

before

 

画像だと、至って普通な感じに見えちゃうんですけどね。

 

【髪質データ】

 

こんな感じで、カラーやパーマをしたことのないバージン毛。

キューティクルも綺麗で艶があり、しっかりした髪質。

 

特筆すべきは、量の多さ。と髪の密度感

 

やや細めなのが幸いしておりますが、どの美容師さんも、量の多さに舌を巻いたそうです。(お気持ちわかります)

 

 

 

くせは、ほぼない直毛。でも広がる。

 

 

くせはほぼない直毛

とはいっても、100%の直毛さんというのはほとんど存在せず、直毛といっても、部分的にゆる〜〜いうねりがあったりする方が多いです。

少しくらいうねりがあっても硬さやキューティクルのしっかりさがあれば、直毛の部類に入ると思ってます。

 

 

こんな感じで、中間部分にややうねりが見えますよね?

左右のうねりも違うし、内側のうねりは、カットによるうねりの場合もあります。

 

 

カットによるうねり?

 

えっ ?? っと思う方もいるかもしれません。でもあるんです!カットで髪がうねってしまうと言うこと。それは削ぎによるものです。

いわゆる【梳く】と言う行為ですね。量を減らしたり軽くしたりする為の、梳きバサミを使った技術。通称セニングってやつ。

 

髪の間がなくなるので、髪が動きやすくなります。= 歪むとも取れるし、くせも動き出しやすくなる

図解にするとこんな感じ。

 

これが髪の毛として。

 

赤線から先に梳きバサミ(セニングで軽くする)

 

と、、

 

 

 

毛先が軽くなる。

ワックスをつけたり、巻いたりしたら動きが出やすくなる(メリット)

ただし、何もしてないと、ハネたり、ヨレたり、場合によってはクセが出る場合もある。(これはデメリット)

 

梳くのは悪!!  みたいな論調も見受けられますが、僕はそうは思ってなくて。

たしかに髪にとってみれば梳くデメリットはあるんだけど、それはそれで必要悪というか。

 

傷んだり、ヨレたりハネたりする梳きは、不用意な梳きと、雑なセニングによるものがほとんどなので、丁寧に、必要な所に必要な梳きを入れれば、本来はとても良い技術なんですよね。

 

今回のケースでは、もともとゆる〜いくせがあったけど、毛量と重さで落ち着いて隠れていたのが、梳いて軽くなったことで、少し出現していた  という感じと捉えています。

ただし、梳いてあるからダメ!ってことでもなく、『量が多いから梳いてほしい』というオーダーに対して、少し梳いてある程度なので、前の美容師さんをディスっているわけでも決してありません。笑

 

むしろ、このくらいの毛量でセミロングなら、大概の美容師さんは多少なり梳くはずです。

 

であれば、梳かないで軽さを出せばいーんですけどね。

【カットでうねる】 【くせが出る】 の解説として^ ^

 

 

 

 

どの美容師にもショート止められた。その訳は?

 

 

量の多さ、ちょっとした浮きぐせと、密度感が原因だそうです。

『量が多いから、ショートにしたら膨らんで大変だよ』って、言われ続けてきたそうです。

 

量が多い方向けの記事は、

↑以前に書いたこの記事が、検索3位表示されており、多くの方に読まれております。

 

 

浮きぐせについては、この記事の

このあたりで解説しております。

 

浮きぐせは、ハチやそれよりも上部に(つむじとか)にとても影響しやすく、ショートヘアの場合は、シルエットを創る事がとても難しくなります。

 

だから、多くの美容師さんに、断られちゃったんですね、、

 

 

 

 

量が多い訳(毛穴から3〜5本)

 

 

さて、量が多い という悩み。なぜ量が多くなるのか。

理由は主に2つ。

 

①  毛郡が多い。

髪の毛って、【1つの毛穴から2〜3本の髪が生えている(毛郡という)】のが通常なのですが、4〜5本生えている毛穴もあるんですね。もちろん1本の毛穴もあります。

量が多い人というのは、この毛郡(2、3本生えている)の割合が多かったり、4〜5本生えてる毛郡が多いのです。(羨ましい)

成人した日本人の髪の毛の平均は、約10万本程度。多い人で13~14万本、少ない人で6~7万本とかなりの幅があるのは、この為です。

 

 

②  その毛穴が密集している。(隙間がない)

 

頭皮の毛穴の写真、見たことのある方は多いと思います。

超簡単な図にすると、、

密集していて、3〜5本生えてたりする。

 

隙間があって、毛郡が少ない

 

これらが集まって頭髪となっているので、それに合わせたカット技術が必要だと僕はおもっていて。

 

シザー、レザー、梳きバサミ、を色々な切り方で使い分けてます。

 

 

反り返った襟足

 

これも美容師さんが、ショートやボブをお断りする理由の1つだそうです。

実際、えりあしが原因で断られ続けて、僕のところに来てくださった方も数多くいます

 

 

こんなえりあし。

 

たしかに、【ショートヘア、向いてるか向いてないか】と言ったら向いていないです。だけどこれでショートにできないなんて事は全くないんですよね。

 

むしろ一度ショートにしたい!!という強い思いがあるのであれば、背中を押すのが僕の役目だと思っているので、大野的にはモーマンタイでカットしちゃいます!

 

ただし、どちらかと言えば向いていない生え方をしているので、通常よりも少し持ちが悪かったり、襟足から崩れていく可能性があると言う、懸念ポイントはしっかりお伝えしてからカットしています。

 

ご了承をいただければ、あとは襟足のくせを消して収まりの良いカットをするだけなので、とても簡単なんです☆

 

具体的な方法はコチラを↓

 

 

 

after

 

お待たせしましたw

 

ほい!

 

 

 

ほい!!

 

こんな感じで、綺麗に収まりましたね!!

全くモーマンタイな感じで、ショートボブになってます。

 

 

反り返っていた襟足も、バッチリ収めております☆

 

 

 

 

量は多いけどほとんど梳かずに。

 

 

 

とっても量は多い方なのですが、実はほとんど梳いてません。

前述のように、梳くとどうしても短い毛が増えるし、もちが悪くなったり、艶も失いやすいです。もちろん多少は必要なんですが、梳きは少ないに越した事がないのはいうまでもなく。

もともとの量が多いので、シルエットのメリハリがとてもつきやすいですね^ ^

 

 

 

縮毛矯正も必要ない。その代わりに必要なのは【数多の切り方】

 

膨らんだりしやすい方は、縮毛矯正をオススメされる事もあるかと思います。

僕も、インナー矯正をオススメすることはあります。

本日のゲスト様は、【量が多く、やや浮きぐせがある】くらいで、【うねり】はないんです。

うねりがなければ、縮毛矯正が必要なパターンはそう多くおりません(全くないわけではないが)

ボリュームバランスと収まりの話になるので、基本はカットで解決できるはず。

 

僕は、ボブ専用のシザーを創ってもらったり、数種類の鋏で、用途や髪質に応じて、切り方も切り口も変えて、対応するようにしています。

 

今は、薬剤の進化や、メーカーの増加、OEM(相手先ブランド製造)によるサロン独自のものも増えています。

ヘアスタイルバリエーションが急激に増加して、SNSで可視化でき、いろんなサロンを転々として色んな施術を髪に施し、すごい状態になっている方、多いですよね。。

なので僕は、逆行した施術で、いたってシンプルに。シンプルに丁寧な縮毛矯正やカラーを。

その分、カットは工夫して。

そんな感覚で日々サロンに立っております。

 

 

 

 

 

 

髪質を理由にショートヘアを諦めて欲しくないから

 

 

これが僕のモットー。

 

ショート ボブ専門の美容師として、国内でも先駆けて活動してきましたが、

 

【切りたくても切れない】

【髪質を理由に美容師さんに断られた】

【髪質が悪いから諦めている】

 

そんな方々の背中を押すのが僕の役目。

 

もちろん、髪を短くすることでの、メリットもデメリットもありますよ。

それもお伝えした上で、ショートやボブを体験して、好きになってくれたら嬉しい。

 

 

髪が変われば明日が変わる。私が変わる。

 

 

女の命と言われる髪の毛だからこそ、貴女の髪を好きになってほしいし、自信を持ってほしいのです。

 

 

 

ご予約 オンラインカウンセリング ご相談は、全て、公式LINE @にて。(定休日 火曜)

(ホットペッパーなどのクーポンサイト 集客ツールは一切掲載しておりません)

友だち追加

 

 

【至高のヘアケア Flowers】はコチラから↓

Lily公式ストア

 

google検索で第1位!!ぜひご一読ください。

↓この辺、人気の記事デス よかったらぜひ↓