量が多くて、広がる、膨らむくせ毛の悩み。ショートヘアを諦めないで!縮毛矯正実例





 

 

【ショートヘアで、

貴女の人生を変える】

表参道で、髪のクセや骨格の悩みを解消し、

ショートヘアで新しい貴女に。

ショート ボブ 専門美容師 (割とバキバキbody)

大野道寛です!

 

どこの美容室に行っても切るのを止められた方、

ショート ボブにトラウマのある方や

人生初のショートに勇気が出ない方

直毛が悩みの方

くせ毛でショート ボブを諦めている方

を専門でお受けしております。

ご予約はこちら

 

↓お前誰?という方、まずはコチラ↓

 

↓ショート ボブ専用 内巻き縮毛矯正とは↓

↓ショート ボブ×内巻き縮毛矯正特化サイト↓

 

 


【インタビュー 掲載】

 

成功する美容室と美容師について。

偉そうに語っております↓

https://relax-job.com/more/79438

 



美容師版、好きなコトで生きていく。

黒髪(激レア)好青年大野です 笑↓

https://relax-job.com/more/79448

 

こんにちは。
表参道でショート ボブ専門で美容師をしている銀色です。

 


ショートヘアってかわいいですよね。
ショートにしたい…でも私は髪の毛が多いし、くせ毛だし、広がるかもしれないし、手入れが大変かもしれないし、顔が大きく見えるかもしれないし、似合わないかもしれないし…


そんなお悩みをお持ちの方、多いですよね。
当ブログは、そんな悩めるショート(にしたい女子)の救いになる事を目指したメディアです。

どうか、お悩み解決の参考になりますように。

 

 

ショートヘアにしたいけど、広がる、膨らむくせ毛の悩み。

 

 

そんなゲスト様の、ショートヘア専用内巻き縮毛矯正実例です。

 

この記事を読み終える頃には、きっとくせ毛やボリュームにお悩みの貴女も、前向きな気持ちになりになれると思います。

 

くせ毛でも大丈夫!ショートヘアを諦めないで!!

 

 

before

 

ふむ。

 

 

なるほどなるほど。

 

 

 

 

はっはーん。

 

これはたしかに膨らみますよね。。

データに起こすとこんな感じ。

毛量 :多め

太さ : 太め

性質 : やや撥水毛、波状毛

生え癖あり。強い浮きぐせあり。

 

 

 

浮きぐせって?なに?

 

浮きぐせとは、膨らむくせのこと

生えぐせの一種で(髪の毛の生えている方向のくせの事)、頭皮に対して垂直方向に飛び出して大きな弧を描く生え方の事です(大野調べ)

 

よくわかんないですよねw

 

 

この画像がわかりやすいかと。

ちょっと極端だけど、ボリュームが出なくて悩む方(所謂ペタ毛さん)の生え方と、頭が膨らんでしまうのが悩みの方(浮きぐせの場合)はこんな感じに違います。

 

今日のゲスト様もそうですが、うねりはそこまで強くなく、ウェーブでボリュームが出てしまっているわけではありません。

 

浮きぐせの強い方は、ロングヘアなら髪の重みで多少は落ち着きますが、髪が短いショートヘアの場合はそうはいきません。

なら短くしなきゃいーじゃん!!という怒号が聞こえてきそうですが、それでもショートヘアが好き!という方の為に、僕みたいな美容師がいると思ってます。

 

 

浮きぐせがある場合のショートカットと縮毛矯正

 

 

 

 

内側を覗いてみると、こんな感じに。

強いうねり というよりは盛り上がってしまうくせ。もちろんうねりもありますが、毛の密度と、生えている方向によって、頭が大きくなってしまっています

 

ショートヘアって、小顔はもちろんなんですが、

 

メリハリのある美しいシルエット=小頭= いい感じのショートヘア

 

という印象になるので、いらないボリュームは出る限り落としたいのです。

 

 

 

縮毛矯正は全体的にかけなくても良い

 

本日のゲスト様は、うねりもややあるので全体的にかけますが、中には、直毛だけと浮いちゃう という方もおられます。

そんな方は、ハチの部分だけ膨らみの気になるところのみ かけるポイント縮毛矯正やインナー矯正がオススメです。

時間も料金も少しお得になりますよ。(カウンセリングで判断します)

 

↓ くせ毛ショートのお悩み解決策 blog ↓

 

 

アフター

 

 

ほい!

 

 

ほい!!

 

 

ほーーーい!!

 

 

いい感じにスッキリまとまりましたー!!

 

左 : before シルエットが四角い

右 :after 綺麗なひし形シルエット

 

になっていますね。もちろん手とドライヤーで乾かしただけです(僕のスタイルは99%そうです)

うねりの強いくせではないので、画像映えする縮毛矯正にはならないですが、頭の大きさと触った感じの頭の小ささには本当に感動します!!

 

 

内側のうねりと浮きもおさまってますね!

 

 

画像だと一見、変わった?って感じでも、内側ではめちゃくちゃ良い仕事をしてくれるのが、この縮毛矯正の特徴。

特に、くせというのは、髪の内側や、顔まわりに強い傾向にありますからね。

 

 

 

縮毛矯正かけてないみたいに見せるのが技術

 

ってお友達に言われてしまうのが、僕の理想です。

 

その為には、ひじょーーーーに繊細なコントローンをカットにも縮毛矯正にも、髪のダメージコントロール求められるのですが、「えっ、縮毛矯正かけてるの?!」ってお友達に言われたら嬉しい事この上ないですよね。

縮毛矯正って、シャキーーーンってなっちゃうのが恥ずかしいとか嫌だから、アイロンで皆さん内巻きにしたりするじゃないですか。

ましてやこのくらいのショートだと、美容師さんに断られたりしますしね。

 

くせの悩みは解決する。ショートヘアも叶える。だけど、めちゃくちゃ自然に、さりげなく、サラッと。

 

がモットーでございます。

 

自然に内巻きに曲げる縮毛矯正なので、きちんと施術ができれば、今までにない質感の縮毛矯正が体験できるんです☆

(注:髪の状態にもかなり左右されます)

 

 

 

ショートカット×縮毛矯正の付き合い方

 

ロングヘアと比べると、やはりもちは悪いのは事実。

ショートの方がカットの頻度も高いですし。

その代わり、トリートメントや高価なヘアケアはいらない。そこがメリットでしょう。

 

ショートヘア × 縮毛矯正 の付き合い方として大切なのは、

 

【こまめにカットして、定期的に縮毛矯正をかける(年間2〜4回)】

 

これに尽きます。

 

ロングヘアだと、半年に一度の来店でも大丈夫だったりしますが、短いと、矯正していようがいまいがそうはいきません。

いつもショートの方は、こまめにカットをされる方が多いしですし、美容室嫌い!って方も少ないように感じますが、ロングからバッサリカットされる方は、覚えておいて頂けるの良いかもしれません。

 

 

貴女が好きな髪型を選べる時代に、変わった

 

カット技術の進化、薬剤の進化、道具の進化 etc.. 美容師歴13年の中堅層ですが、僕が1年目の頃には、なかった技術や薬です。

 

昔は縮毛矯正=ロングヘアでしたし、ショートヘアの縮毛矯正はオススメされない技術だった。

昔はタブーとされていたブリーチ毛への縮毛矯正だって、可能にはなった(僕はやりません)

 

デザインばかりを追い求めて、カラーやパーマや矯正を繰り返す事はオススメしませんが、貴女がずっと抱いてきたコンプレックスを解消する事は必ずできる。

 

そして、【なりたかった私】になれる。

 

くせ毛さんでも、剛毛さんでも、好きな芸能人みたいなショートヘアにできるんです。

好きな髪型を選んで、自分の好きな髪を纏う事ができるんですよっ!

 

 

 

 

くせ毛だからってショートヘアを諦めて欲しくないから

 

いま、僕はその為に日々フロアに立ち続けています。

くせ毛が原因でショートヘアを諦めていた方、どこに行ってもショートヘアを断られたり、失敗された方。それでもショートヘアが好きっていう、そんな方々の希望の光になれたらと。

 

美容師で、縮毛矯正を武器にたくさんの方を担当したかったら、間違いなくロングヘア 美髪 でやるべきです。

でも、ぼくもショートヘアが好きなんだ。ショートヘアを切ることも好きだし、ショートヘアにして褒められた! ってお声を聞くのはもっと好き

 

だからくせ毛で悩んでいるそこの貴女!! 当ブログを読んで勇気が出たら、ぜひご相談くださいね。

 

 

 

 

評判と口コミ

 

【内巻き縮毛矯正の口コミ】

大野道寛の口コミ

【内巻き縮毛矯正 記事】







【前髪編】


基本的な事や、こだわりは、上記記事に網羅してあります。

※ ただし、あくまで縮毛矯正なので、髪質やダメージによって、変わります。過度なダメージや矯正がされていたり、ブリーチ毛やハイライトが入っている方は、内巻き矯正そのものができない場合もございます。

 

 

 

 

ご予約 オンラインカウンセリング ご相談は、全て、公式LINE @にて。(定休日 火曜)

(ホットペッパーなどのクーポンサイト 集客ツールは一切掲載しておりません)

友だち追加

 

 

【至高のヘアケア Flowers】はコチラから↓

Lily公式ストア

 

google検索で第1位!!ぜひご一読ください。

↓この辺、人気の記事デス よかったらぜひ↓