人生初の母親と2人での外食


 

【ショートヘアで、

貴女の人生を変える】

表参道で、髪のクセや骨格の悩みを解消し、

ショートヘアで新しい貴女に。

ショート ボブ 専門美容師 (割とバキバキbody)

大野道寛です!

 

ご予約はこちら

 

↓お前誰?という方、まずはコチラ↓

 

↓ショート ボブ専用 内巻き縮毛矯正とは↓

 

 

 

僕には母親がいる。

 

 

 

僕は、三兄弟だが、割と遅めにできた子供で、末っ子(ぶっちぎり)だ。

年の離れた末っ子で息子だから、それはそれは甘やかされて育ったのは、今の僕の周りにいる人は、納得だろう。

 

そんな母親と、僕は2人で外食をした事がない。

 

なぜか。

 

恥ずかしいからだ。

あと、何を話していいかわからない。

 

だけど、母親ももう60歳を越え、どちらかというと70歳が近いくらいの歳で、人生のフェーズとしては、【老後】に入ってきている。

 

今まで交わしたコミュニケーションよりも、これから交わせるコミュニケーションの方が少ないのは、火を見るよりも明らかなのだ。

 

だから、少し勇気を出して、母親にいった。

 

 

『2人で飯食いに行こう』

 

 

それが5月の事だった。

 

だけど、予定していた日の朝、祖母が倒れた。

 

 

そのまま亡くなってしまったので、色々とバタバタして、半年経ってしまったが、ようやく来る事ができた。

 

 

青山 de お鮨

 

 

 

カウンターにて。

 

もう何を話すかも分からないし、

 

『何食べる?』

『なんでもいいわよ』

『えーどうしよっか、、』

 

『、、、、、、』

 

 

みたいな、若者カップルの初デートみたいなのは地獄なので、予めコースにしておきました。

(しておいて本当によかった..)

 

まぁまぁそれはそれは、美味しくも美しい、皿の数々。

 

 

母親が日本酒が好きなので、お鮨にしたわけですが、 親子で盃を交わしたのは、ガチでこれが初めて。

 

 

 

 

 

とまぁご馳走したものはこんな感じで(全部は撮れなかったけど)

色んな話をした。

 

 

大人になると、話せる話題が多い

 

事に気がついた。

 

直近だと、祖母が亡くなってバタバタしてた事や、

小中学校の時の友達とその親御さんの事。

親戚の事。

これからの家庭の事や、母の老後。

 

子供の頃は面白くもなかった話題が、何気に楽しかったりもした。

 

 

まぁほとんどが昔話なのだが、その昔話が現在に繋がる感じというか、当然、今日までに亡くなってしまった方もいるし、悲しい出来事があった方もいた話を聞いて、連綿とした時の流れをすごく感じた。

 

ある意味では、2人ともこうして健康に生き、互いに酌を取れたのは、幸せな事なのだとも思う。

 

母親には感謝している。

 

年の離れた末っ子で、上の2人とは二世代くらい違う時代の子供だ。

そのギャップに子供ながらにストレスを感じたこともあるが、今となっては、そのストレスは育てる方が一入だろう。

幼少期から大人になるまで、大きな不自由はなかった。

小6で、父が他界しているにも関わらずだ。

これがどれだけ凄まじい事なのかは、大人になってから気がついた。

そして、特段寂しいという感情もなく、思春期に大きく荒れる事もなかった。(大きく  ね)

 

習い事や進路も、ぶつくさいいながらも、最初は反対しながらも、最終的には応援してくれて、何も言わない。

 

【何も言わずに、自由にさせ、見守り、応援する】

 

これがどれだけ強さがいる事か。

子供なんて一番とやかく言いたい対象なのにだ。

この胆力には感服している。

 

し、

 

自分もこういう親になりたいものだ、と。

 

 

半生を人の為に生きた人。

残りの人生は、自分の為に生きてください。

サポートは、子供たちで協力してやっていきますからね!

 

 

 

 

 

ご予約 オンラインカウンセリング ご相談は、全て、公式LINE @にて。(定休日 火曜)

(ホットペッパーなどのクーポンサイト 集客ツールは一切掲載しておりません)

友だち追加

 

 

【至高のヘアケア Flowers】はコチラから↓

Lily公式ストア

google検索で第3位に…ぜひご一読ください。

↓この辺、人気の記事デス よかったらぜひ↓