blog

7年ぶりに髪を染めた話。

大野道寛 30歳 夏の陣

image

神妙な面持ちでございます。

 

image

夏の企て。fet.塩見副店長。

 

 

大野。ブリーチします!!!3回ほど!!

 

image

この超絶大変な作業を、快く引き受けてくれた(はず。そうだよね、俺は信じてるよ...)塩見副店長。漢です。

 

 

ここで、皆様の心の声を。

 

え?なんで?

夏だからです。

 

急にどーした?

いやーちょっと前から考えたんすよ。クソガキ感、なくなってきたし、髪色変えよかなって。

 

なぜ金髪?

男なら、染めるなら黒か金です。茶髪はダメ。中途半端が1番いかんよ、明智くん。

 

 

副店長、激闘の末。。

image

おぉーーー

やさぐれ感、ハンパねぇ、、、

 

 

 

暗めのグレーにしたかったんだけど、時間の都合上。

 

image

カラー剤の入ったカラーカップを

imageimage

カポッと。このまま。これがホントのオンカラー。

 

 

 

こ、これは、、、

 

image

あっお!!!うはーー!!やっちまった!青髪は!ヤバいwww

 

 

image

雑なドライだとこの感じか、、今日はこれでいくしかない、、トホホ...しかし青すぎ..

 

 

満を持して登場。ヘアビューザー様。

 

image

ハイブリーチ毛には、果たしてどのような効果があるのでしょうか。

 

image

その日の晩にて。。酔っ払い。そら、自撮りもするわ。ヘアビューザー様の御風にて、ツルッツルぴかぴか。

 

 

 

超シャンプーした結果、、

 

image

うはーーー白い白い。この病的な髪色。メンヘラ感MAXかよ。まぁこれもブリーチ毛ならではの楽しみ方。

 

 

 

image

メガネ×接写=こーゆー2次元様いらっしゃいますよね。

 

 

 

見た目が派手=不誠実そうになるデメリット。

 

ファーストインプレッションに於いては、間違いなくマイナスだと思います。
 
[speech_bubble type="fb" subtype="R1" icon="michihiro.jpg" name="大野"] 本日担当致します。大野です!![/speech_bubble]

 

 

いやいや大丈夫かよ、、だいぶヤンチャボウズきたぞ、、←確定。だからこそ、より丁寧な接客や、繊細なタッチ、細やかな技術と気配りが求められます。プロとしての仕事に臨む姿勢や、提案、立ち居振る舞いも含めて。

 

 

金髪にする事で、ある種、自分に負荷をかけてみた。

 

んです。だし、キチンとできる自信があるから、金髪にした。美容師歴10年で培ってきた物に、それなりの自負がありますし、自信もあります。
 
 

人生最後の染髪。もちろん夏限定。

 

だからこそ、思い切ったってのも、また事実。40歳で、この髪色は、ちとキツイ、、30歳の若造だからできる所業。

秋冬には戻します。短い間ですが、やらしくお願い致します。思いの外、好評だったら続けようかな...

 

 

 

 

-blog

Copyright© 表参道のショート・ボブ専門美容師 大野道寛のblog. , 2020 All Rights Reserved.