セブ島 備忘録。〜ボホール島編〜

image

晴れです。am8時の日差しが、すでに痛いです。

 

スポンサーリンク

写真で振り返るボホール島。

 

image

この超絶アウェーのローカル感。ここで船のチケットを間違いなく購入するという、難易度S級のミッションよ。。こういう現地に触れるのもまた、異国の地の楽しさ。

 

無事購入。いざ!乗船!!

 

image

image

おおぉ、、、目的の地、ボホールアイランドまでは高速船で約2時間、、

image

この椅子で2時間は、、ちょっと。。尻肉が皆無なワタクシにとって、これ以上の苦行はないでしょう。。普通の映画だっておしり痛くなるのに。。

 

この情報は事前に調べて軽く認識はしていました。やはり世の中、情報を持っているもの勝ちですね。ひょんな事から辿り着いたブログで知りましたが、ライターの方、本当にありがとうございました。

と、いうことで。

 

image

ビジネスクラスにランクアップ!てれれってれ〜♪

 

image

船内の赤絨毯の階段を登ると。。(なんかここだけ急に真紅で不自然感が否めませんでしたがw)

image

ふおおおおぉぉぉ

てか、何この差はwww日本の高速バスより遥かに広いしフカフカだし!!兎にも角にも、これで僕のお尻は護られました。

 

上陸。ボホール島。

 

image

 

image

image

リバークルーズランチ。なるものを。いわゆるフィリピン料理って、やつ。見た目はアレなものもあるけど、普通に美味しい。

image

image

image

image

image

image

優雅にクルーズしながら〜♪

 

 

リアル ジャングルクルーズ!

image

こ、これは、、、

image

先住民族の方々の民族音楽によるお出迎え。

 

と、思いきや、、、

 

image

左の柱にご注目。【Tip Box】て!!!!ちゃっかりしてますね!先住民族様!!!www

 

image

おおぉ!いかにも、な、住居?建物?

 

image

を、横切る、いかにもな、欧米人の方wwwジュラシックパーク1の悪い科学者かよ。。

 

image

image

ヘイ!コリアン!コリアン!!と、連呼される、純正日本人のボク。。

 

image

image

ヤシの実、ゲットだぜ!!

 

image

おおぉ、、アイドルピース完璧だよこの子。。でもやっぱり、、

image

必要なんですね!チップ!!その笑顔とピースはチップの為ですか!!その可愛らしさは、悪い大人に仕込まれたものなのですか!神様!どうか僕におしえてください!!!

 

image

image

と、半べそかきながら。嗚呼キレイ。ふつくしい。。

 

世界最小、10センチの猿。ターシャの森へ。

 

image

image

ぉー!かわいい!!

image

あれっ?

 

image

そんなボホール島のアイドル、ターシャのなんとも言えない、ぬいぐるみが売ってました。忠実に再現しすぎてて、かわいいと言いにくい。。ゆるキャラのようにデフォルメされてないあたりが、フィリップネス魂か。

 

その数1000。円錐形の丘、チョコレートヒルズ。

image

image

もはやこのあたりで、東京の冷暖房完備の施設で年中仕事をしている30歳男子には、過酷なツアーになりつつ、間も無く体力の限界か、、、

image

森林浴を挟んで、

 

image

image

ヘビ!!パイソンという、噛まない?ヘビ。首に巻いたりしました。さぁ、だんだん雑になって参りました。。

 

image

最後は、血盟記念碑。

フィリピンを統治していたスペインの初代総督がボホール島に上陸。後に島民との信頼関係を築き、それに応え首長シカツナは、お互いの血をワインに入れて飲み友好を示したという。血盟記念碑はその時の様子を再現した記念碑だそうです。

 

スポンサーリンク

すんごい疲れた。けど、文化に触れた貴重な体験。

 

移動だけで、往復丸6時間以上。帰りの船は記憶一切なし。リゾート感も、ラグジュアリー感も皆無。でも、すごく思い出に残る1日でした。遠い異国の地で、その衝撃、赤い彗星の如くな事があった事、様々な歴史や文化、味に触れられた事。ただ優雅に過ごすだけでなく、試練を経験する事も、経験を積む事も、何かを感じて成長する為なんだなと、実感いたしました。

 

オチも深イイもない、ただの三十路男子の日記でした。