助けて!美容師さん!!

 ご要望に悲痛なメッセージが、、

 

image

ああ、、悲しき現実よ、、

これはもう技術というか、コミュニケーションの部分が欠落していたのではないかと。。

パーマのかかりすぎ、、肩上のボブ、、

いったいどんな感じでご来店されるのか、、

 

 Before(写メ忘れてシャンプーしちゃいました)

 

 

image

 

。。。。

 

ボブではないですね。。

パーマも確かにしっかりかかっております。。

少し時間が経っての現状なので、サロン仕上がりの時はどんな気持ちだったのでしょうか。。

と推測するだけでもドキドキします。。

 

なんでこーなった。そして、ほんとはどうしたかったか。

 

なんで?の部分に関してはご本人もハテナ?だと思うので、僕としては、ほんとはどうなりたかったか。をお聞きしました。

前回の希望スタイル画像を見せていただき、

そこで、好きなセンスやニュアンスをキャッチします

そして、今回はそのテイストの幅の中でのショートヘアに、

サッパリしたいとのこと。

 

まずはかかりすぎたパーマにさようなら。

 

パーマをした髪に、パーマ落としをする。。

本来であれば極力避けたい施術です。。

どうしても多少のダメージが出ますし、なにより、地毛のクセの方がカットがしやすいんです。

なので、今回は極力クセを残したいので、あえて毛先はクセを残してたパーマ落としを提案させて頂きました。

image

image

こんな感じですね。

そうする事で、カットをした時に毛先に柔らかさが残って、自然な髪のおさまりや、動きが保てます。

 

仕上がりは、いたってシンプル。

image

image

大人の雰囲気が漂うシンプルショート。

とてもプライドを持ってお仕事に打ち込んでいる方なので、

デキル女風ショート。とでもいいましょうか。

image

image

デザインするのは髪よりも、気持ち 

 

今回は少し特殊caseです。

この髪型にしたい!よりも、

助けてなんとかして!!って感じなので、

その想いを汲み取り、気持ちをデザインする事が大切だと考えました。

 

そして、こんな口コミを。

 

image

他店で希望とあまりに違う髪型にされ、仕事にも差し支え困っていたためこちらのサロンを訪れました。

なぜか強くかけられてしまったパーマをほどよく取り除いていただき、顔型に似合うカットをしていただきとてと満足しております。本当に助かりました。

 

お客様の想いが僕に伝わり、僕なりの想いが伝わった結果かなと。

本当に悩んでいる姿を目の当たりにしたからこそ、心から嬉しいです。

 

あー美容師ってほんとに素敵な仕事。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA