ぺたんこさんがショートにするといい理由。

こんにちは。銀髪です。

 

スポンサーリンク

本日のご新規様。

 

素敵なロングですね。

 

 

という事は。。?  

 

バッサ…   (*’  –  ‘*)

 

 

 

はい、そこのあなた、正解。バッサリいきます。

 

 

 

『ショートにすると、ペタっとしそうで。。』

 

そういうお声は良く頂きます。髪質が柔らかかったり、生えグセ的にふんわりしない方は多いです。また、そういうお悩みをお持ちの方は、割と髪も長い傾向にあるように思います。

 

ロング→長い=髪の重量がある=ペタっとしやすい

ショート→短い=髪の重量がない=ペタっとしにくい

 

100%この限りではないですが、ショートにして、髪が短くなれば、長い髪よりも動きやすいですし、毛先が遊びやすいです。

ワックスだけでも結構ですが、ショートにしてふんわりパーマをかけてもよし、ショートならコテやアイロンの使用も楽なります。さらに、ロングの髪よりも、コテでボリュームを出すのが遥かに楽です。

 

実際、本日のご新規様も、

 

んですよね。髪質も柔らかめで、生えグセも寝ているので、髪が長いので、頭の周辺は、やはりボリュームが出にくいです。

 

 

 

乾かしてワックス揉み込んだ だけ。

 

 

です。ほんとに。

特段、変わったセットはしていません。頭の形や生え方、髪質に合わせてレイヤーを入れて、ボリュームアップのカットを施せば、この位はご自宅でも再現可能です。

 

 

スポンサーリンク

髪の毛と会話しながら切る。

はい、こいつキモっ!って思った方。結構です。美容師に、変わってるとキモいは褒め言葉です。そのくらい真剣かつ、注力して毛束を見ていますし、集中してます。

僕は、そのカットプロセスに於いて、最も重要なセクションでは、絶対にトークをしません。(いいか悪いかは置いといて) というか、できません。1番重要なプロセスだからこそ、1番集中したいし、それがお客様の為ですし、何より髪を切りに来て頂いているので。

僕はトークやビジュアルで売っている美容師ではないし、キラキラ美容師さんでも、アイドル美容師でもないです。ただの筋トレ好きで寡黙気味の、ちょっと変わった銀髪美容師  職人気質の美容師です。器用に、カットしながら楽しいトーク はできません。黙っててもカッコいいレベルの顔面戦闘力でもないので、技術で勝負してます。というかそこしかないですし。

だから、髪の毛と会話する くらいのテンションで、仕事をさせて頂いています。果たしてこれが正解かどうかは、お客様に決めて頂ければと。

 

少し話が逸れましたが、ボリュームが出ない髪に対して、ボリュームを出すカットをするには、

その髪がどう動こうとしているのか を見極める (=髪と会話する) 

で、今回のような、ぺたんこロング→ふんわりショートヘア が可能になるんです。

 

ぺたんこだった後頭部に丸みが出て、表面の毛束も遊んでますね。ショートカットは、貴女の髪の悩みを解決することができちゃいます。必要なのは、少しの勇気だけ、かもしれませんね。