僕がウエディングカラーにこだわる理由。

スポンサーリンク

まずは基本のキ。均一な仕上がり感へ。

image
髪のダメージ、色の抜け具合をみて、薬のパワーや、塗布の工程にひと手間かけるのは、もはや基本作業ですね。

この辺りの操作は、サロンレベルでは当たり前で、自宅のセルフカラーではできない、圧倒的な仕上がり感とクオリティーの為です。

 

Point  襟足の付け根の薬剤を変える。

image

なんでかって?これは僕のこだわりなんです。

image

 そんでもって仕上がりDON!!

image
image
ふ、ふぉぉおおぉぉぉおおおーーー

image

うつくしい。。

今年のトレンドカラー、ローズクォーツを意識した染色。

 by.S  
http://by-s.me/article/226897517548152945
ページが見つかりません
URLが正しく入力されているかお確かめください。一時的な問題によりサーバにアクセスできない可能性があります。しばらくしてからもう一度お試しください。

image

毛先の先までしっかり主張する、光る絹糸かのような色味感。シャンプーをしたくなくなるような、時間が経つのが勿体無くすら思える、この上ない仕上がり。

 

 

アップにすると暗く見えるから。360°美しくいて頂く為に。

 

写真で撮ると、襟足って、暗く見えるんです。光が当たらないから。特に、アップにしている時は、襟足の生え際も人目に付きますね。光の当たり具合も計算して、肉眼でも、レンズ越しでも均一に見えるように、仕上げる

女性の人生で、結婚式ほど写真を撮られる日はあるだろうか。朝から夜まで1日中、何百というカメラを向けられる日は、モデルさんでもできない経験。だからこそ、大切にしたい、

女性が人生で1番輝く日。

 

スポンサーリンク

特別な日だからこそ、特別なカラーを。

 

いつもと一緒じゃ嫌ですよね?けど、ぶっ飛んだ事はできない。特別な日だからこそ、少し特別感のあるほうが、気分も上がるし、僕も嬉しい。結婚式を控えたお客様は、そんな心持ちでお迎えして、送り出しています。

image

人生最良の日のお力添えができて、光栄です。