そのヘアスタイルには、必ず理由があるんです。

こんにちは!

【ショートヘアでより素敵に】

表参道で、髪のクセや骨格の悩みを解消する、 30代の方の為のショートカット美容師
SAKURA omotesando 店長 大野です!

 

 

スポンサーリンク

美容室帰りはよかったんだけど、、

 

『翌日からは上手く出来なくて。。すごくハネるんです。』

 

あるあるですよね。

image

確かに、ハネてますね。。髪質に対するミディアムの長さといい、レイヤーといい。コテで巻いたり、パーマをかけてカールがついていれば、今っぽいレイヤースタイルになったのではないでしょうか。

 

image

 

こんな感じとか。

 

 

いっその事、ハネない長さまで切りたい。

 

こういうオーダーもよく頂きます。いわゆるバッサリ系ですね。

じゃあどんな風にするんだ?

ってところですが、僕の場合は

 

チャームポイントを探して、映えるヘアにする。

 

です。チャームポイントが人によって違うのは当たり前ですが、それがどこにあるか。探すの結構たのしいんですよ〜

ザックリいうと、【お顔立ち】 【骨格】 【髪質】【雰囲気やオーラ】といったところでしょうか。

 

目がパッチリしてる方や、切れ長だったり、離れ気味でオシャレな雰囲気の方もいます。そういう方には、目を中心にデザインします。

頭の形がいい方には、ボブよりもショートをオススメします。

サラサラストレートだったり、パーマのようなクセの方には髪質を活かしたヘアスタイルを。

似合わせには諸論ありますし、美容師さんのセンスだったり好みによるところもありますから、正解はないです。美容室がこれだけあって、美容師さんがこんなにいる世の中で、(全国20万軒、50万人。ホットペッパービューティー見ても、どうしたら良いかわからないですよねw) 僕なりの見解や、僕にしか出来ないデザインや解釈でヘアスタイルを、提案させて頂きます。それが選んでもらえる理由になれば、本望ですし。

 

 

スポンサーリンク

チャームポイントは首。

 

と、判断して切らせて頂きました。

首がキレイに見える前下がりボブ。

image

image

image

カラーも少し落ち着けて秋仕様に。暗いけど重くない色味。バッサリ切る事で、肌の見える部分が多くなるので、肌がグッと透明感が出て見えるカラーにしています。

 

image

カットだけでもダメ。カラーだけでもダメ。

 


お客様のお悩み、ご要望に添いつつ、
僕の感性をプラスした、そんなヘアデザイン

 

でした◎