とり花神、最期のお客さんに。

img_8174

青山 とり花神。Aoビルの真裏の一等地の焼き鳥屋さん。テナント激戦区の表参道で、串一本で8年間、やってこられたそう。

img_8175

知ってました?Aoビルの裏にこんな風情のあるお店があったの。

img_8176

中はこんな感じで。個人焼き鳥店としては、そこそこ広さはあるのに、いつも満席!!予約してないと入れないこともしばしば.. (空いてるカウンターは僕らの席)

 

 

スポンサーリンク

1年前に紹介してもらって、どハマり!!

 

してたんですわ。焼き鳥でこんなに感動したの初めてだったなぁ〜僕とご一緒した方も、ブログ読んでる方の中にいると思います。美味しかったでしょ?!

とゆーか、誰を連れてきても、みんな うまっ!!!ちょーおいしー!!としか言わないし、いつ何時も、安定した絶品を提供する大将の腕、プロです。

 

美容師の安定感って自分自身の問題ですが、(体調とかモチベーションとか)飲食って仕入れがあるじゃないですか。入った食材や鶏の個体によっても違うだろうに。契約養鶏場が不発の時も、なんとかして仕入れる。変わらない美味しさを提供する。

 

それってすごい大変なことだと思う。ちなみに僕ら美容師はいつものカラー剤が手に入らなかったら(欠品とか物流の問題とか)死にます。まず、全く同じクオリティは無理です。

似た感じはいくらでも作り出せますけどね。

 

 

 

 

そんで、通い倒した 笑

 

だって、店から徒歩2分なんだもん wしかも駅までの途中wこんなん、いくなって方が難しい。おかげで、その先にあるバルには少し足が遠のきました 笑

 

この時も!美味しそうな焼き鳥を見たい方は↓

 

僕が頼むメニューはいつも一緒。もはや、それを食べる為だけに行ってる節もある。こないだも友達の働いてる所で、『ほんといつも同じもの頼むよね!』ってww もうオーダーしなくても出てきそうだ。

 

 

 

 

そしてなんと、、、

 

この12/29で営業終了という!!!!

 

神よ、、何故貴方はそんなにも無慈悲なのですか、、せっかく見つけた表参道のオアシス、、数少ない焼き鳥屋さんで、味は間違いなく1番なのに、、(大野調べ)

そんな中、この来店日はもちろん12/29。

とり花神の最終営業日でした。

僕としては短い間でしたが、お世話になった大将やスタッフさんに、御礼と労いの意を込めて、特大あまおうのギフトを贈らせて頂きました。(ギフトなので写真はない!)

 

したらば、なんと、サービスの一品が、、

img_8177

 

img_8179

続々と!!笑 いやぁ〜大将!この粋な計らいにはやられました!!まさかこんな形でお返しして頂けるとは!思ってもなかったサービス。

これこそサプライズであり、サービスが客の想像を越えた瞬間で、これぞホスピタリティ!ジャパニーズおもてなし!

 

img_8178

そんな大将の 焼くつくねが世界一 です。これ食べたら、もう他でつくね食べれません。ふわっふわなんです。

食べれなかった人、ザンネーン!!!

 

そんな大将、これからは人目につかないところでしっぽりと、カウンターのみのこじんまりとした店を作るそう。(しかし、テナントがまだ決まっていない。ェ…) 2017年は、フリーターで幕開けだぜ!と仰ってました 笑

とりあえず、オープン決まったらおしえて下さい。

 

 

 

スポンサーリンク

そして迎える大団円と、別れの時。

 

こちらもですね、話に花咲いちゃいまして、クローズ作業してる中、空気読まずに話し込んでました 笑 それでも『お客様、閉店でーす』って言わない所に、また優しさを感じました。

 

いつの間にか全てのお客様は帰られて、店内は僕らだけ。この時ばかりは酔った勢いで、大将に写メ会お願いしちゃいました!いやー記念になりました!

この道◯十年の職人の業!見せて頂きました!美容にも通ずる部分がたくさんあります。美味しい料理だけでなく、とても勉強になりました。

 

img_8180

右の人、酔ってる顔してるねぇ〜笑 大将、8年間ありがとうございました!お疲れ様でした!