ショート ボブを創る上で欠かせない要素。

スポンサーリンク

ショート ボブのシルエットをキレイに見せるには。

 

レングス(長さ)

ライン設定(前下がりとかそういうやつ)

丸みの具合

表面のみふんわり感

細部へのこだわり。(耳の透け感とか、襟足の締まりとか)

量の調整

といったでしょうか。もちろん他にもあるし、これも大事でしょ!って美容師さんもいるかと思いますが、大野的にはこのあたりを大切にしています。

 

IMG_8543

最近はこんな感じで切ってます。ウエイトを落とした方が可愛いな〜なんて。それでも十分ふんわりするように、色々やってるワケですが。なので、ワックスをつけたりするのも簡単!

 

触ると見た目よりもずっと軽いのが大野的ショートの特徴

 

日本人の髪をカットをする上で、避けては通れないのが『毛量の調節』俗いう、梳く。というやつです。

 

IMG_8546

一般的に、梳く、軽くすると言っても、様々な方法があります。僕はその中でも5種類の道具を使い、パターンにすると数十種類以上のバリエーションで、日々、髪の毛に立ち向かっております。

それがコチラ。

 

美容師 大野を支える戦友達。

IMG_8551

これ全部使って、髪の量を減らします。いやいや、普通のハサミ(1番左)もあるやん!って思った方!甘い!これも立派な武器です。エクスカリバー級の働きを。

 

IMG_8552

すきバサミも色んな形状があり、、

IMG_8553

 

IMG_8554

似てるようで違いますね!量の多い所をガツンと減らしたい場合や、前髪の雰囲気を繊細に変えたい場合、クセや、うねりを抑えたい場合。表面の毛を、パサつかせずに、ふんわり感を演出したい場合など。用途は多岐に渡り、使い方は様々。

そうやって日々、可愛いを創っております。

 

 

スポンサーリンク

全てはお客様の笑顔と、明日の為に。

 

これに尽きます。ええ、美容師ですからね。皆様を笑顔にしてなんぼです。一生懸命切って、その場で、笑顔という報酬を頂ける。美容師は世界一素敵な職業です。(ナンカキイタコトアル。。)

 

美容師になってよかったって、心底思ってます。