表参道でボブにするなら、デジパー(パーマ)の相性がバツグンにいい!

 

こんにちは!

【ショートヘアで、

貴女の人生を変える】

表参道で、髪のクセや骨格の悩みを解消し、

ショートヘアで新しい貴女に。

ショート ボブ 専門美容師 (割とバキバキbody)

大野道寛です!

 

ご予約はこちら

 

google検索で第3位に…ぜひご一読ください。

↓この辺、昨年の人気記事↓

 

 

おはようございます。

 

銀色のボブ戦士です。

 

 

スポンサーリンク

さてさて、本日のお客様。

 

before 撮り忘れてシャンプーしちゃいました 笑 (あるある)

せめて長さだけでも分かるよう、慌てて撮らせて頂きました(汗)

 

では、恒例の

 

【髪質データ】

太さ →ふつう

くせ →ほぼなし

多さ →多め

 

といった、日本人に多い髪質の方。生え癖が下向きなので、ペタッとしやすい のがお悩み。

くせがあまりなく、量の多い方は、ストレートな内巻きボブは向いてますよね。

コチラのお客様も、永らく内巻きボブだったのですが、さすがに飽きたとの事で伸ばし、今回は念願のパーマボブに変身です。

 

 

 

チョキリと。

 

デジパーってやつですね。

皆さん、耳馴染みのあるパーマだと思いますが、デジパーってなんぞや?って人の為に。

 

ものすんごい掻い摘んで言うと、

 

普通のパーマ→薬液の力でパーマをかける。

デジタルパーマ→薬液と熱の二つの力でパーマをかける。

 

です。

 

【メリット】

薬液と熱とダブルでかけるので、持ちがいい。

熱を使った形状記憶なので、乾かした時に再現しやすい。

ふわっっっ と大きなカールになる。

 

【デメリット】

薬液と熱の二つの力を使うので、やや傷みやすい。

時間がかかる。

 

と、言うことがずっと言われてきましたね。

ですがこれ、もう10年前の情報です 笑

 

10年前から今日まで存在してて、進化してないわけないですよね!進化していなかったら、とっくに淘汰されてるはずです。

 

今日のデジパーは、メリットはそのままに、デメリットをすこぶる解消してくれてます。メーカーさんの努力のお陰です。本当にありがとうございます。

 

薬液と熱の二つの力を使うので、やや傷みやすい。→ 成分の98%がトリートメントになり、むしろぷるぷるになります。

時間がかかる。→ カット+デジパーで2時間で終わります。(カット+カラーと同じ)

 

 

 

 

これもう、やらない理由ないですよねw

 

というわけで、

 

 

仕上がりDon!!

 

 

手で乾かして、ワックスつけただけです☆

コテで巻いたような、ふわっと大きいカールに。

 

スポンサーリンク

ボブ × デジパー の相性が良い理由。

 

最近のスタイルって、

 

Google検索より

 

こんな感じで、おっきく ふわっと したカールですよね。(ずいぶん前からこうか、、)

こんな、コテで巻いたような(というか撮影だからほぼコテで創ってるはず) ふわっと大きいカールを再現するには、デジパーなんですねぇ。

 

 

 

 

今回は、

『デジパーと普通のパーマ、なにが違うんですか?』

というお声が多かったのと、ほぼ毎日 ボブ×デジパーのペアリングでスタイルを創っているので、記事にしてみました!

 

ご参考ください^ ^

 

 

ご相談は、公式アカウントLINE@からでも◯

 

友だち追加

 

 

ご予約はこちら

 

 

スポンサーリンク