祖母

 

【ショートヘアで、

貴女の人生を変える】

表参道で、髪のクセや骨格の悩みを解消し、

ショートヘアで新しい貴女に。

ショート ボブ 専門美容師 (割とバキバキbody)

大野道寛です!

 

ご予約はこちら

 

google検索で第3位に…ぜひご一読ください。

↓この辺、昨年の人気記事↓

 

 

スポンサーリンク

6/5 享年91歳にて、祖母が他界致しました。

 

これは2年前のブログかな〜

これが最初で最期のカットでした。

 

 

大病、痴呆や大きな介護もさほどなく、元気そのもの。

これは100歳まで生きるのでは、、なんて思っていたのですが、、

自宅敷地内にて転倒→頭を強打。そのまま還らぬ人となりました。

その日はたまたま家族が全員家にいた日で。僕も4連休の初日でした。滅多にないそんな日を選んでくれたのかなぁ、なんて。

 

 

動けなくなった祖母の様子に、ただならぬものを感じ、すぐに119番。そこから先は本当にあっという間。

 

不謹慎かもしれないけど、ザワついた心を落ち着かせようとする思わずツイート

 

 

 

まさかこうなるとも思わず、割とライトに呟いてしまってたんですが、、

即座に反応してくれる友人と、

 

 

 

 

 

SNSという僕らの住処で応援してくれる仲間。

 

 

 

いざとなった瞬間のこの人はほんとに..

 

あたたかい。。

 

 

 

忙しいであろうに、こうやってわざわざLINEをくれたり。

自分が逆の立場であったら、できるのだろうか。。

 

 

何かあったら電話してね、心が守られますように。

 

と暖かい言葉をくれた方も。離れていても、支えられているなぁと、、

 

平均寿命も大きく越えた大往生だし、年齢的にも順番通りだし、おいおいと涙を流すような感じでもなかったのですが、周りの人たちの暖かさに涙が出そうになったよね。

 

 

 

6/7,8で、通夜 告別式を終え。

 

お経、お焼香は淡々と進むも、棺を囲んでお顔を見ての献花 出棺はさすがに胸にくるものがあり、、

火葬場での最後のお見送りはなんとも言えない気持ちになるものですね、、

 

お骨上げの際、91歳の祖母でしたが、残った骨は60代のような見事なものだ と、火葬技師さんが教えて下さいました。

病気をせずに、薬を飲んでいなかったのが大きいと。(あとは煮干しだな。よく煮干しを食えと、婆ちゃんに言われて育ちました。絶対そうだ。恐るべし、煮干しパワー)

90代の平均骨量の3倍も残り、長い健康寿命で天に召された事は、幸せ以外のなにものでもなかったと思う。

 

転倒して、気を失ってからがあっと言う間にだったのですが、三途の川の河原をフラフラしている時に、きっと先立った祖父と再会したんだと思います。

15年前に旅立った祖父が、向こう岸で呼んだのかなぁ、、

「おいお前、いつまで待たせるんだ、早くこっちにこい」

なんて言ってそうな気がするよ(亭主関白だったからなぁ、爺ちゃん)

 

頼むからそっちでも仲良くしてくれよ。。

 

 

 

スポンサーリンク

今ある 生 を大切に。

 

婆ちゃんがいたらから、母ちゃんが産まれて、僕がいる。親戚家族もそう。

こじんまりとした家族葬でしたが、だからこそ感じた血縁の絆のようなものがあり、大人になって話す親戚の方々との会話はとても新鮮でした。

急逝だったため、本当にあっという間の5日間。サロンも長らくお休みしてしまい、お客様には大変ご迷惑をお掛け致しました。

人の死に直面して、今自分が生きているありがたみをより実感しましたし、1日1日を大切にしなければならないと、痛感しています。

祖母が天国で自慢できるような、孫であれるように、頑張らないと。

 

声をかけてくれた友人が、

 

『ご愁傷様って形式ばった言葉よりも、おばあちゃまお疲れ様!』のほうがいいかもね。

 

と、ステキな表現をしてくれた。

 

昭和2年生まれで、戦前 中 後と、高度経済成長、近年の日本を全て知る祖母は、とても幸せだったと思う。俺のiPhoneみて、「すごいねぇ」なんてよく言ってたよね。

本当にお疲れ様。本当にありがとう。

 

天国で爺ちゃんと仲良くね〜

 

(感情のままにほぼ書き殴ったブログです。すみません)

 

 

公式アカウントLINE@にて、オンラインカウンセリングやってます◎

友だち追加

 

 

ご予約はこちら

 

 

スポンサーリンク