黒染めをしたorこれからする方、必読の記事。

やって参りました。黒染め様。

 

image

 

大野
えーと、カラーはどうしたい?
お客様
黒染め落として明るくしたい!!!パァーーーッと!!

大野
○※!△⁂∞?×!!!

 

はいキターーーーー脱染!!!

脱っぅっっつ染っっつっぅ!!!!

誰がなんといおうとだっへん!!!

カラー3時間コース!!

パァーーっとやってやりましょう!!!(号泣)

 

粛々とテスト。

 

image

左がカラー剤の最高レベル。14レベルの明るさ。

右がちょいとブリーチ混ぜたやつ。

 

テストとは。

 

黒染めなどにより、染まりにくくなった髪の毛に対して、

明るめ設定のカラー剤(場合によってはジャストの明るさの薬)で

試しに染めてみる事です。(もちろん、目立たない内側の部位でやります)

他店でされたカラーは、どのメーカーのどの明るさで、

どの程度の染料の濃さのカラー剤を使用したかが分からないので、

こちらとしても見た目だけでは、正しい判断ができかねます。

クオリティの高いカラーを提供するために

時間と手間をかけて、より確実な仕上がりを目指して、

一手間かける手法です。(もちろん無料)

 

image

こんな感じで。

 

 

ごくり。。緊張の瞬間。

 

image

 

ん?

左、、ほぼ変わってねぇ。。(カラー剤14レベル)

右、、そりゃ抜けるわ!!(ブリーチmix)

 

 

image

左のカラー剤14レベルの方、、

毛先とか、、もはやどこ染めたレベル。

image

ここね、ここ。

 

これが黒染めの脅威。

 

カラー剤14レベルって金髪に近い明るさです。

そのくらいに髪を明るくするパワーを持ったカラー剤を塗っても、ビクともしない、残留色素

実際、黒染めをしてから半年近くは経っていますが、このくらいは楽勝で残っています。

今回のcaseのように黒染め後、少しずつキレイに抜けてダークブラウンになっていても、こうなってしまう。

これこそが黒染めの脅威。

 

美容師30歳、頑張りました。

 

image

根元から毛先にかけてキレイなグラデーションがかかるように。

時間が経って、更にキレイになるように。

今後、グラデーションカラーや、流行りのバレイヤージュにも興味がおありとの事なので、その辺も視野に入れて、今だけではなく、次に繋がる仕上がりを目指しました。

image

我ながらキレイに染まったと思います。うむ。

 

光を取り込んで、透ける髪。

 

image

いやぁ美しい。。とはいっても、まだまだ赤味は出やすい状態。

恐らく数週間で、この美しさは崩壊することでしょう。

それもまた黒染めの脅威の事実なので、きちんとお伝えした上で、今後の来店サイクルや、カラー工程のプレゼンをさせて頂きました。

また黒染めをする日が来ないことを祈るばかり。。(切実)

黒染める予定のある方、覚悟を持って、美容師さんに相談して下さいね。

黒染めは計画的に。