お客様のお言葉。

スポンサーリンク

少し前に頂いたお言葉。

 
image

背中まであるロングヘアを、

バッサリボブにさせていただきました。

数日経って、改めてこういうお言葉を頂くと、

とても嬉しいです。

美容師冥利に尽きます。

 

バッサリ切る覚悟を汲み取り、
その熱意に応える仕事を。

 

僕のブランディング上、とても多いオーダーです。

・バッサリカット
・人生初ショート
・他店でのショートカットのお直し

どれも生唾ごっくんレベルの緊張感が漂う、
嬉しいお仕事。

 

                  プレッシャーのない仕事より
                  プレッシャーを感じる仕事を
                    させてもらえる方が幸せ。


 
です。美容師として、プレーヤーとして。

 

誰でもいい仕事より、

せっかく切るなら大野さんにお願いしたい。

 

(´;ω;`)ブワッ

 

うれしいなぁーうれしいなぁーうれしいなぁー

 

だって、SAKURAの大野さんに
行き着くまでに

 

すげーーー数のスタイルと、美容師さん、美容室を見てるでしょ、絶対!!!

通退勤の電車の中とか、寝る前の時間で、

スマホ眺めながら

〝バッサリ切りたいなー

どんなショートにしようかなー

あっ、この髪型かわいい!

表参道かぁー

あ、これもいいなー

〇〇って美容室かぁー

うーん、、〟

なんてくだりを、一体何日間したのでしょうか。

はたまた、

友達にスマホ見せたりして、

この髪型、似合うかな?!

なんてやり取りが、職場や学校でなされている事も、容易に想像できます。
 

スポンサーリンク

そして選ばれし勇者となる。

 

ネットで簡単に予約できますからね。

操作はシンプル。

無機質な画面が、予約完了の通知をお知らせしてくれますが、

画面とお客様の温度差は、もう語るに及びません。

バッサリカットはそんな背景を感じるからこそ、

血がたぎるんです。